2020年度 第5回 指導会議 | 京大生の個別指導学習塾Good!

新着情報

2020年度 第5回 指導会議

今回の指導会議では、成績アップの定義の確認と、共通
テスト用参考書の使用方法の確認を行いました。

成績アップの定義

担当生徒の成績を上げるために、成績アップの客観的な
指標を、講師全体で共有しました。以下は高校生の場合
ですが、二次対策以前と、二次対策中で、指標は異なり
ます。二次対策以前の場合は、センター、高卒認定など
使用中のテストで、1ヶ月で1割以上アップさせること。
二次対策中の場合は、指導科目の偏差値が、①3ヶ月で
5以上アップ、②志望校偏差値+5以上、③70以上、の
いずれかを満たすこと。数字で評価することの重要性を
改めて確認しました。

共通テスト用参考書の使用方法

4人程度のグループに分かれて、各グループで、共通
テスト用参考書の最初の数ページを、どのように説明
すべきか、議論しました。いつも学んでいることでは
ありますが、限られた時間で生徒に大切な情報を伝える
ためには、情報を取捨選択する必要があります。筆者は
大切なところを工夫して伝えるので、その工夫を意識
して読み取り、伝える必要があります。最初に新規講師
の方に基本的な考え方を説明してもらい、その後、他の
講師が意見を出し合う、という形で進めました。

今回の指導会議で、成績を上げるという意識を改めて
強く持ち、指導に当たってもらえればと思います。

PAGE TOP