新着情報

T.R.先生

工学研究科修士2回生のT.R.先生に、質問に答えて
いただきました。

Q1. 高校生時代の勉強法

心がけていたのは「受験は情報戦」だということです。
積極的に京大入試に関する情報を集め、京大入試に
関するセミナーに参加していました。模試の復習を
する時も、各塾の解説を隅から隅まで読み、解答に
必要なポイントは何だったのか検討していました。
また、参考書をいつまでに終わらせるかを決め、そこ
から逆算して1日当たりのノルマを決定していました。
しっかりと計画を立て、目標とずれていないかを適宜
確認していました。

Q2. 指導教科・意識していること・実績

基礎が完璧にできているかどうか常に疑うことです。
試験において、ごく基本的なことで躓いてしまうと、
そこから大量に失点することがあり得ます。また、他の
受験生と大きく差をつけられてしまうことになります。
徹底的な反復練習が必要です。理解度を測るために、
授業中に生徒に解説してもらうこともあります。人に
教えることで、記憶も定着しますし、どの部分の理解が
足りていないのかが見えてきます。基礎を丁寧に定着
させることで、難関中学や京都大学に合格する生徒も
出てきました。

Q3. Good!の特徴は?

Good!の特徴は、徹底的に成績にこだわることにあり
ます。自分たちの役割は成績向上にあると認識して
おり、常に生徒や親御さんよりが求めるよりも高い水準
での知識の定着を狙っていきます。そのために、生徒・
保護者とGood!が密に連絡を取り合える指導チームや、
どの参考書をどの順番で解いていくかの、独自の
カリキュラムが生まれました。厳しい塾ではあります
が、絶対に志望校に合格したいという熱意のある生徒
さんにとっては、最適の環境だと思っています。

PAGE TOP