新着情報

T.Y.先生

経済学部3回生のT.Y.先生に、質問に答えて
いただきました。

Q1. 高校生時代の勉強法

どの科目においても、「1週間前の自分・1か月前の
自分に優しく」ということを意識していました。
それに関して具体的には①メモを残す②自分の理解度
を問題ごとに記載するということを行っていました。
①では、些細なことでも疑問や感じたことがあれば、
なるべく目に触れやすい場所に、後から見ても理解
できるような主語述語がはっきりしたメモを残す
ようにしていました。②では、効率よくテキストを
周回するいう目的を持って問題の演習後に上記のこと
を行っていました。

Q2. 指導教科・意識していること・実績

指導教科は英語・文系数学・日本史などです。指導で
意識しているのは、関係者全員が目的に対する共通
認識を持つということです。そうすることで、現在の
学力と目標の学力の差を埋めるための具体的な行動の
質が変わってくると感じているからです。例えば、
「スラスラ解けなければ正解ではない」という解答の
姿勢や「いつまでにどのテキストのどの範囲の正答率
どれだけ上げるか」という行動指標の設定などに変化
が生まれると思います。

Q3. Good!の特徴は?

「他のどんな塾よりも成績を上げるということを貪欲に
考えている」所です。 それは、もちろん講師や塾の
スタッフの方にも言えることですし、塾に通っていただく
ということを通じて生徒様や保護者の方にも当てはまる
ようになります。 そして保護者や塾スタッフを含めた
“指導関係者”全員がそうした考えを持つことにより
最終的には「他のどんな塾よりも成績を上げてくれる塾」
になると思っています。

PAGE TOP